chikusai diary

昭和という時代に どこででも見ることができた風景を投稿しています。

貴船川に沿って花の道を歩く

昔の人はさぞかし足腰が強かったと見える。近くて遠きもの。…思はぬはらから、親族の仲。鞍馬のつゞらをりといふ道。遠くて近きもの。極楽。舟の道。人の仲。清少納言は上手いことを言う(上の二行は『枕草子』からの引用)。鞍馬山(寺)のつづら折りは本堂…

アスリートの休息

花の園

春の嵐

散歩の途中、先ほどまでの晴天が一転して黒雲来襲し一陣の風と雨あられ!コンデジの電源を入れるが、撮影できるまでの時間が長く感じられた。

風の声を聴く

御衣黄 “風の歌を聴け” なんて小説があったような気がする。読んだような気もするが、その内容はとうに忘れてもうた。今年の御衣黄は、花が小ぶりで枝ぶりも寂しい。例年のようにゆっさゆっさとした感じがない。この桜は色の変化を楽しめる桜で、花の中心部…

風に吹かれて(御衣黄)

御衣黄 御衣黄と書いて「ぎょいこう」と読む。もともとは京都御所に咲く花だとか。なのでお公家さんの衣と書くのだという。と、このあいだ嵯峨野の「さくら守り」が言ってたっけ。

令和三年のサクラ(遅ればせながら)

京都御苑 今さらサクラの花だって? という声が聞こえてきそうだ。まあ、そう言わずに見てください(サクラの枝の向うにはワンちゃんと散歩するご婦人が写り込んでいる)。 ふだん85mmのレンズを風景撮影に使うことはないのだけれど、今回古いレンズを引っ張…

京都御苑に咲くウマノアシガタ

春らしい明るい感じを出してみた。草地の向うにはベンチがあり、ご婦人が座っているのが見える。草地には今では貴重な日本タンポポ、ムラサキサギゴケ(苔にあらず)なども咲いているけれど、今回は食指が出ない。・カメラ : ニコンD700 ISO AUTA 1/400 F5.…

京都御苑に咲く野の花

ウマノアシガタ 「ウマノアシガタ」とは、またけったいな名を付けられたものである。サクラの咲く時期が終わりを告げるころ、この花と「シャガ」の花が京都御苑の草地を埋める。でも今年はどうしたわけか元気がない。ソメイヨシノの花数は例年より少ない気は…

紅白梅図?

散歩の途中に12月から咲き出した紅梅・白梅を撮る。 例年より半月は早く咲き出した梅の花。 すでに盛りを終えたようだが、胸ポケットからコンデジを出してパチリ。 20年前のコンデジではチト厳しかったと技量の無さをカメラのせいに^^; 出水の小川 sasurai1.…

黒百合の匂いは どんな匂い?

クロユリとシナノキンバイ 馬ノ背で遊んだあと、附近の「お花畑」でシナノキンバイの群落の中にクロユリを見つけた。初めて見るクロユリである。どんな芳しい匂いがするのか膝をついて鼻を近づけたのだが、よく分らなかった。高山ではハエなどが受粉を助ける…

 櫛形山 #2 ゴゼンタチバナ

登山道の傍らに咲く ゴゼンタチバナ 花の百名山(?)櫛形山の山頂を目指し足早に歩く。遠くからは雷鳴が聞える。 見る見るうちにあたりが暗くなった。 chikusai2.hatenablog.com

令和の桜 養和の流行病

今年の春は例年になくサクラの花を見て歩いた。 こんなにサクラを見、そして写真撮影をしたの は三十年振りのことである。その理由の一つは フルサイズのカメラを購入したことに起因して いたことは否定できない。デジタルカメラに20 ~40年前のレンズを付け…

大丈夫だぁー

志村けん さん 今ごろ 天国でどうしているかな?志村さん ってきっとやさしくてちょっぴりさみしがりやだったのかな?「大丈夫だぁー」って言える状況には ほど遠い いまだけれどたえるしか ないのかな

これって 医療崩壊の… 「緊急事態宣言」発令の日に

洗いたての使い捨てマスクを着けたら(悲しい) やたらとクシャミが出た。 近ごろ喉が いがらっぽいし、空咳も出る。頭痛 までする。もしや、と思い水銀体温計で体温を 測ると34.9度しかない。 「お前はすでに死んでいる!」というケンシロウ の声が聞えたよ…

馬鹿にしないでよ そっちのせいよ

馬鹿にしないでよ そっちのせいよ ちょっと待って Play Back, Play Back 今の言葉 Play Back, Play Back マスク2枚配布、と聞いたとき、 「プレイバック Part2」の歌が 脳内を駆けめぐった。 (あるバイオリン奏者も同じことを言っていたっけ) 今度は「10万…

散り際の美?

夕方、ひと気の少なくなった京都御苑を通り家路へ急いでいると、 桜の花びらが風に吹かれ、風花のように散る風情が美しい。 鞄からカメラを取り出し、レンズのテストを兼ねながら ひと時 撮影にいそしんだ。 レンズは Nikon Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8…

馬酔木(クリスマス・チア)

クリスマス・チア この花も馬酔木(あせび)の一種のようです。 ちょっとピンボケのような気がしますが、ご勘弁を。 (手ぶれ補正のないカメラで手持ちの接写はキツイ) たまにはデジタル写真を投稿します。

京都御苑の枝垂桜

三月十三日の枝垂桜 今年もきれいに咲きました。昨年、一昨年の台風で 京都御苑の木々の枝ぶりは寂しくなりましたが、桜 や桃の花は訪れる者の目を楽しませてくれます。 御苑北側、旧近衛家の枝垂桜もそろそろ見頃です。

フクシマ 幸福寺しだれ桜

今年もめぐってきました

御衣黄(ギョイコウ)

白い花 3

白い花 2

夜に咲く花

白い花

夜に咲く花 2

寝る前1分の「エセ―」 私は最近、いくらもない余生を平穏と隠遁のうちに送ることにして、 できるだけ他のことに心を煩わすまいと決心して自分の家に退いた が、私の精神を完全な無為のうちに過ごさせ、自分のことだけを考 えさせ、自分の中に安住させること…

夜に咲く花

寝る前1分の「エセ―」 われわれの生命はどこで終ろうとそれはそこで全部なのだ。 人生の有用さはその長さにあるのではなく使い方にある。 長生きしてもほとんど生きなかった者もいる。 この世にいる間はこのことを心にとめておけ。 おまえたちが十分に生き…

木の花は?

この木なんの木? 「まことに花の美しくあわれなる、 これに越えたるはあらじ。 雨に悩める、露にうるほえる、 いづれ艶なるおもむきならぬは無し。」 …露伴翁 この木は桜に非ず、楊貴妃にも例えられる 海棠(かいどう)でした ^ ^ 毎日、コロナ、コロナと鬱…