chikusai diary

昭和という時代に どこででも見ることができた風景を投稿しています。

カメラ

伯耆大山のブナ林を彷徨う

夏道登山道を登り六合目の避難小屋で休憩をする。ここから上の方にはブナ林はありそうもないので早々と下山を始める。途中、ブナ林の中に入り込み撮影を開始する。時折林内に日が差し込んで下界が垣間見える。ところが これと言って絵になりそうなブナが見当…

伯耆大山 夏道登山道のブナを撮る

二日目の朝、食事を済ませ昼のお弁当をリュックに詰めて登山道へ向った。先行者らしき足跡が僅かに付いていた。時おり雪が横殴りに吹きつけてくる。樹林帯なのでさほど苦にはならないけれど、標高が高くなるにつれ頬が痛くなる。道々、奇怪な枝ぶりをしたブ…

伯耆大山のブナ林を歩く

三鈷峰 古い話ばかりで恐縮のいたりだが、体が不自由になった今では、山に登ることも出来かねるので、三十年前のことを語ろう。あれは一年が終わりを告げようとしていた頃であった。雪がまったく降らない寂しいクリスマスを迎えた日に、伯耆大山では積雪があ…

時計のせい?

呪いの時計? ― 縞枯山荘で 北八ヶ岳での出来事。前日 昼間の気温はマイナス8度だった。明朝 御来光を撮ろうと、腕時計のアラームを夜明け前に合わせ寝坊しないよう耳元に置いて寝た。翌朝、ふと目覚めたときには、外は明るかった。靴ひもを結ぶのも もどか…

碧の大正池より望む穂高の夜明け

穂高の夜明け 晩秋のころ 大正池ホテルを夜明け前に出て いつもの場所から撮影する。ZENZA BRONICA GS-1

散り際の美?

夕方、ひと気の少なくなった京都御苑を通り家路へ急いでいると、 桜の花びらが風に吹かれ、風花のように散る風情が美しい。 鞄からカメラを取り出し、レンズのテストを兼ねながら ひと時 撮影にいそしんだ。 レンズは Nikon Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8…

今朝の比叡山 薄っすらと雪化粧

Nikon D750 NIKKOR Ai 135mm 1:2.8S 40年前のレンズで撮影してみました。 手の中に納まってしまうくらい可愛いいやつです。 写りもやさしい描写ですね。 京都御苑 枝垂桜の開花状況は、この寒波で足踏み状態です。