chikusai diary

昭和という時代に どこででも見ることができた風景を投稿しています。

京都北山 巨樹の森を冬に訪ねてみた

 


京都市北部、いわゆる北山と呼ばれる地域に鬱蒼としたアシウスギの
巨樹群があるとは、京都市民にとっても俄かには信じ難いことかもし
れない。だいぶ以前のこと、クリスマスの日に出町柳から京都バスに
乗り出かけてみた。

アシウスギ(ウラスギ)とは京都の庭園でよく見かける「伏条台杉」
の親分のようなもので、地上から少し上のところで幹を切断するとそ
の位置から再び「ひこばえ」状の芽が出て、複数の若い幹を観賞する
ことができるのだとか。元は北山で林業に従事する杣人がその方法を
編み出し、手頃な太さの杉を取っていたのだろう。


f:id:chikusai2:20201217165330j:plain

北山の風景で最も美しい時期は、雪の降る季節だという 



 

 

f:id:chikusai2:20201217165355j:plain

片波川源流域伏条台杉群生地

 

 

 

f:id:chikusai2:20201217165411j:plain

「片波川源流域伏条台杉群生地」は観察路が整備され、主要な巨木には名が付けられている。

 

 

f:id:chikusai2:20201217165429j:plain


アシウスギの巨樹を求めて北山を探索すること二年、思いもしない近い
ところに探し求めていた巨樹群があった。なんでも幹回りの太さは屋久
島の縄文杉にも劣らないとか(ちょっとオーバー)。

北山のアシウスギ(ウラスギ)の特徴は「伏条台杉」にあると言い、雪
の重みで木の枝が垂れ下がって地面に着き、そこから根付き芽が出て再
若木が成長するのだとか(以前に立山にもアシウスギの巨樹があるこ
とをTVを見て知った)。

 

 

f:id:chikusai2:20201217165452j:plain

 

 

 

f:id:chikusai2:20201217165511j:plain

午後の遅い時間だったので、後光(西日)が射しているように見える。

 

 

 

f:id:chikusai2:20201217165529j:plain

上の写真右側の木に伏条台杉の特徴が出ている(若い幹が真っすぐに上に伸びている)。

 

 

f:id:chikusai2:20201217165548j:plain

山の斜面にへばりつくように根を下ろしている(長年の積雪で根元が曲っている)。

 

 

 

f:id:chikusai2:20201217165606j:plain

 

 

 

f:id:chikusai2:20201217165623j:plain

 

 

f:id:chikusai2:20201217201847j:plain

イタドリの木

原木を麓まで降ろす労を少なくするため、杉の木の太い部分を切取り、
里まで背負って運んだのだろう。杢目の良いものは机の鏡板として高
額で売れたのだろう。このような木を “板取の木” と呼んでいるようだ。
北山では三本ほど見かけた。 

 

 

f:id:chikusai2:20201217165737j:plain

京都バスの起点である叡電出町柳駅からバスに乗り、一時間ほどで大布施
に到着する。ここから歩いて通常なら二時間ほどで「片波川源流域伏条台
杉群生地」に着く。
暮れも押し迫った休日、たまたま雪が降ったので片波山に出かけてみた。
夏には訪れていたものの、是非とも積雪期に再訪してみたいと思っていた。
積雪も二三十センチほどで歩くのに支障はない。最終バスの時間を気にし
ながら写真撮影する。帰りには朧月夜で趣はあったのだが、とぼとぼと一
人寂しく夜道を歩いた覚えがある。

 

f:id:chikusai2:20201217184045j:plain

片波川源流域自然環境保全地域



 

f:id:chikusai2:20201217184128j:plain


※片波川源流域伏条台杉群生地へ行くには、叡電出町柳駅から京都バス
でいく方法(日帰り可)と自動車でいく方法(京都駅から約二時間)が
ある。自動車で行く方法は、林道は狭く駐車スペースも限られているの
であまりお奨めできない。
以前は観察会ツアーもあったようだが、最近は聞かないので積極的に世
間に知らせてはいないようだ。熊は勿論のこと、山ヒル(足元から這い
上がって血を吸います)の生息地なので、それなりの用意と覚悟が必要。

撮影年:1990年頃

 

 

 

chikusai2.hatenablog.com

 

 

chikusai2.hatenablog.com