chikusai diary

昭和という時代に どこででも見ることができた風景を投稿しています。

2022-01-10から1日間の記事一覧

地吹雪の去った朝

村 へ 集落のほかには、見渡す限り雪原が広がっている。この雪原は、春には 水が引かれ見事なまでの水田と化し、蛙の大合唱を聞くことができる。 集落に近づいた頃には青空が広がってきた。道路が雪の吹きだまりに なっていて、歩くのが大変だ。寒いけれど、…